横浜戸塚バプテスト教会 (日本バプテスト連盟)

Yokohama Totsuka Baptist Church  Japan Baptist Convention

*

Gospel Eats(日々のみことば)

==============================================

こちらをクリックするとトップのページに戻ります

gospel eats.001

 

日々のみことば  

2021/1/18~24

★ 聖書箇所を読んで、《ポイントの節》を参考に、問いに答えましょう。
(章節は新共同訳に準じる)

1/18(月)民数記8章
《1~3節》主はどのような燭台で幕屋を照らすように命じられましたか?人間の努力や頑張りで清さを保ち輝かせるのではありません。キリストの光、み言葉の光で全身と心を照らすことで私たちは義とされます。

1/19(火)民数記9章
《1~3節》民は荒れ野の旅の始めに何をしましたか?過越祭はキリストによる十字架の贖いの型です。キリストの血潮によって一切の罪を既に贖われた者として、一日を始めましょう。キリストが共におられます。

1/20(水)民数記10:1~10
《2節》荒れ野を行く民全体への合図には何が用いられましたか? 今のクリスチャンにとってラッパの音は何でしょうか?牧師の説教、教会の祈りや賛美でしょうか?どちらにしても耳を澄まして聞き取りましょう。

1/21(木)民数記10:11~36
《29節》モーセは誰に荒れ野の旅の同行を求めましたか?旅立ちのときには期待と心配が入り乱れ、人間的な安心を求めてしまいがちです。しかし、主が私たちと共におられる以上の安全はありません。

1/22(金)民数記11:1〜17
《14~15節》民の不満を聞いたモーセはどうしましたか?苦しむモーセの哀願に主は応え、重荷を担う長老70人を起こされます。主は耐えられない重荷を負わせません。あなたの嘆願にも応えてくださいます。

1/23(土)民数記11:18~35
《23節》。男だけで60万の民に一月分の肉を準備するのは不可能と言うモーセに主は何とおっしゃいますか?主に不可能はないのです。主の恵みに信頼し続ける者だけが、その成就の日を迎えます。

1/24(日)オンライン主日礼拝
マルコによる福音書3章1〜6節 「安息日の心を取り戻す」
安息日は、一週間の内の一日、神様との交わりを回復し、神様の心を自分の心とする日です。神との交わり、そして神の心を生きる時、わたしたちは真の命を回復するからです。残念ながら人々は安息日にイエスを陥れ、殺そうと思い思い巡らしていました。あなたの心には今何がありますか?神のみ心に手を伸ばし、それをわが心としましょう。

 

聖書を読みたい方は下記のリンクから聖書が読めます。
(私たちの教会では、【新共同訳】の聖書を使用しています。)
Bible.com
日本聖書協会

・・・【祈りの課題】 ・・・

◇ 主の年2021年の歩みの祝福と守りのために、次期教会執事選挙の導きのために。
◇ コロナウィルスの危機の中にある世界に癒しと平和が与えられるように。亡くなられた方々の慰め、病床の方々の癒し、医療従事者、行政担当者の健康と働きのために。冷静さと正しい判断力と知恵を主からいただいて、隣人を愛し、互いに支え合い、日々歩めるように。
◇ 大雪の被害にあっている日本海側の各地域の方々の守りのために。
◇ 病床や高齢の方の健康の回復。
◇ 横浜市民372万5千人、戸塚区民27万5千人が主イエス・キリストを救い主と信じる信仰に導かれるように。教会の福音宣教の働きの祝福のために。

==============================================

 

公開日:
最終更新日:2021/01/17