横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言2019年3月10日

   

聖書『エフェソの信徒への手紙4章23〜24節』
心の底から新たにされて、神にかたどって造られた新しい人を身に着け、
真理に基づいた正しく清い生活を送るようにしなければなりません。

3.11 東日本大震災から8 年を覚えて
明日3 月11 日で2011 年3 月11 日の東日本大震災から8 年が経ちます。2019 年3 月現在で15,897 人が亡くなられ、震災後の避難生活で3,701 人が亡くなられました。また、2,533 人の方は行方不明のままです。ご遺族と行方不明者のご家族の上に主にある慰めと平安を心からお祈りいたしましょう。わたしも震災後何度も被災地を訪問させていただきましたが、あれから8 年が経ち被災地の風景は大きく変わりました。しかし、なお約5 万3 千人の方々が日本全国にて避難生活を送っておられます。特に耐久年数2 年のプレハブ仮設住宅には未だ3 千人あまりの方々が生活をしておられます。また、福島第一原発事故で避難を余儀なくされている人たちは生活再建の見通しが立たない現状です。しかし、生活再建以上に今求められるのは心の回復です。親しんだ故郷、愛する家族、描いたささやかな将来を失った嘆きと苦悩の中にある方々の苦しみに心を合わせつつ、十字架と復活の主イエス・キリストの癒しと助けが与えられるようにお祈りいたしましょう。
さて、人生の思いがけない災難や試練、どうしようもない失敗や過ちに直面したとき、わたしたちはもう一度生まれ直してやり直したい、リセットして新しく歩み直したいと思うのではないでしょうか? それを可能にしたのがイエス・キリストの十字架と復活です。「古いあなた」が十字架に付けられ、「新しいあなた」になって復活します。
イエス様の十字架の贖いと復活の力により頼む人に主は聖霊を与え、新しい命を絶えず与えてくださいます。けれど、だからと言って、使い捨てのように主の恵みを無駄にしてはいけません。地上の人生には定められた時があるのです。古い衣を惜しまず捨て去って、新しい衣を身にまとって神の子として生きる、喜びと希望の日々を歩みましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言