横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言2018年12月16日

   

聖書『ルカによる福音書1章46〜49節』
そこで、マリアは言った。 「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。 身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう、 力ある方が、わたしに偉大なことをなさいましたから。」

マリアが主からいただいた幸い
アドベントクランツの3本目のローソクに灯が灯ります。いよいよ来週はクリスマスです。おとめマリアに聖霊によってやどり、地上に誕生された救い主イエス・キリストをお迎えし、心からの礼拝をご一緒にささげましょう。また、本日は午後2 時からキッズクリスマスが行われます。一部はCS ひよこ科、小学科、中高科、成人科のメンバーとリーダーがキリスト降誕劇(ページェント)を上演いたします。何方でもご参加ください。また、来週は午前10 時30 分からクリスマス主日礼拝、礼拝後はクリスマス祝会を行います。持ち寄り形式の昼食とビンゴ大会や出し物も準備されています。どうぞお一人でも、ご家族ご友人をお誘いくださり2 人3 人でもご参加ください。
先週、今年の漢字に「災」の一字が選ばれました。振り返ると国内では6 月の大阪北部大地震、西日本豪雨災害、9 月の台風21 号、24 号による災害、北海道胆振東部地震、国外ではインドネシア・スラウィシ島での地震と津波、他の国々でも異常気象による災害が立て続けに発生した一年でした。これらは決して過去のことではなく、現在も多くの方々が愛するものを失った悲しみ、また被災生活の苦しみの中にあられます。痛む者に寄り添うイエス・キリストに従い、私たちも癒しと必要が主によって与えられるように心寄せて執り成して祈りましょう。しかし、自然世界と同様に人間世界も政治、経済、地域社会が目まぐるしく激変しています。目の前のニュースや出来事に翻弄され、「恐れ」「不安」が募り、人間の心が痩せ衰え、生きる喜びや他者への愛と優しさを失っているように思えてなりません。
クリスマスに神が私たちに送られたイエス・キリストは十字架の愛によって恐れを取り去り、全ての人に生きる喜びを与えるために来られます。イエスの母マリアは最初に主の言葉をそのままに受け入れ、キリストに従いました。そして、主の恵みに包まれ、聖霊に覆われて、喜び一杯の日々をいただいたのです。私たちもマリアの幸せを一緒にいただきましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言