横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言(2018年8月19日)

   

聖書『ヨハネによる福音書8章7節』
しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。
「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」

暗闇からの脱出
8月も後半に入ります。残暑厳しい日々の中にも朝夕と涼しい風を感じるようになってきました。一方で蓄積された夏の疲れが一気に出てくるときかもしれません。主の守りと支えが一人一人に与えられるようにお祈りいたしましょう。
明日20日(月)は教会で夏のキッズ工作が行われます。現在教会に集っているキッズやユースは教会員の子供たちがほとんどです。しかし、教会の外には大勢の子供たちがいます。そして、一人でも多くの子供たちにイエス様の愛と救いを伝えることは教会の大切な使命です。子供たちとご家族が教会を知り、イエス様の救いに導かれるように。大切な働きを担うスタッフ一人一人のためにお祈りください。
また、23日(木)は急遽、教会堂1〜3階の害虫駆除と清掃を行うことになりました。数年前までは毎年行なっていましたが、ここ二、三年はできていませんでした。会堂執事を中心に奉仕しますが一人でも多くの方のご奉仕があると感謝です。ウィークデイですがどなたでも、一緒に汗を流し、キリストの体なる教会を整えましょう !(詳しくは週報裏面をご覧ください)
今日のみ言葉に聴きましょう。全く罪のない人は誰もいません。人と比較した罪の大小ではありません。自分の罪が神の前に照らし出されれば、誰も石を手にする資格さえないことがわかります。例外なく誰もが罪と闇を抱えているのです。どれだけ自分を正当化し、他者との比較で自己義認しても、心の闇はそのままです。イエス様はおっしゃいます「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(ヨハネ8:12)イエス様の十字架の愛と赦しに信頼し、手にした「石」を落として、イエス様と共に歩むとき、尽きることのない永遠の命の光を持つのです。そして、いかなる暗闇からも主イエスが助け出してくださいます。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言