横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言(2018年8月5日)

      2018/08/05

聖書『エフェソの信徒への手紙 2 章 19 節』
そこであなたがたは、もはや異国人でも宿り人でもなく、聖徒たちと同じ国籍の者であり、神の家族なのである。(口語訳)

「教会」 のビジョンとミッション 〜その 3〜
「危険な暑さ」の毎日が続いています。休息と水分を十分に取り、これまで以上に自重しつつ 8 月を乗り越えましょう。牧師は先週から今週にかけ夏季休暇を取っています。愛する戸塚の群れの礼拝が主によって守られ、祝福されますようにと、祈りつつ。
さて、先週の日曜日は第二回伝道ビジョンを語り祈る会が行われました。20 名ほどの兄弟姉妹が参加され、今後の教会形成、教会組織、教会ミニストリー(宣教伝道)の姿について学びと意見交換の時を持ちました。その際のレジュメが教会員ボックスに配布されていますので、お休みになった方はお読みください。教会の姿形は「これ」という「正解」があるわけではありません。わたしたちの教会に与えられた主の召しと計画に心を向けなければ、教会の本当の価値は見つかりません。大切なことは聖書を通して与えられた主の掟(「心を尽くして神を愛し、自分のように隣人を愛しなさい」 マタイ 22:37〜40 )と大宣教命令( マタイ 28:19〜20 )を教会が生きるために、今、何を追い求め、何を捨てるべきか、常に試行錯誤しつつ、「行きなさい !」という主の言葉に従い一歩踏み出すことです。
使徒パウロはそのような試行錯誤の教会を「神の家族」(霊的な家族)と例えました。肉の家族(血縁の家族)は完全でしょうか? もちろん完全ではありません。間違ったことを言ったり、互いに無関心だったり、性格の違いに悩まされることもあります。けれど健康な関係を築いている家族は、難しい問題が起きても互いを尊重し前向きに取り組み、時間をかけてその問題を乗り越えていけます。神様は、失敗とは無縁の完璧な交わりの教会を願ってはおられません。神様が願っておられるのは、健康な家族(教会)になることです。問題が起きた時はじっくりと互いに向き合い、十字架の主の助けを求めて心から祈り、傷ついた時は互いに赦し合い、違いを乗り越え尊敬し、愛し合う家族です。そうするとき、天の平安と守りが聖霊によって注がれ、復活の主イエス・キリストが生きて働いておられるのを見ることができるのです。それが神の国です。共にキリストの体、神の神殿、神の家族を建て上げ、神の国をくださる主の栄光を仰ぎ望みましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言