横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言(2018年5月27日)

      2018/05/28

聖書『エジプト記2章1〜3節』
レビの家の出のある男が同じレビ人の娘をめとった。彼女は身ごもり、男の子を産んだが、その子がかわいかったのを見て、三か月の間隠しておいた。しかし、もはや隠しきれなくなったので、パピルスの籠を用意し、アスファルトとピッチで防水し、その中に男の子を入れ、ナイル河畔の葦の茂みの間に置いた。

幼子を守れ
5月も最終週を迎え、今週から6月に入ります。すでに皆様にもご案内していますが、6月10日は夏のオープンチャーチ特別主日礼拝が行われます。今年は、高崎キリスト教会との相互訪問伝道を教会では企画しています。まずは6月高崎教会から牧師の森淳一先生と教会メンバーの皆さんを当教会にお迎えして、共に礼拝と交わりを行います。翌月の7月22日、今度は私たちが高崎教会に出かけて行き、共に礼拝と交わりの時を持ちます。来週より高崎教会訪問チームの募集をいたしますので、ぜひご参加ください。高崎教会は約20年前に私たちの教会の伝道の働きから生まれた、親子、神の家族の関係にあります。共に主を礼拝し、関東一円の福音宣教の働きのために共に励まし合い、祈り合いましょう。また、普段、礼拝は敷居の高いという方も、この機会にご家族ご友人をオープンチャーチにお誘いください。
さて、私たちが生きる社会は「罪にみてる世界」(新生賛美歌102)というより「ウソにみてる世界」です…。社会的地位にある政治家、教師、学者、芸能人、リーダー、大人が平然とウソをつきます。ウソはサタンが放つ矢です。ウソによって物事を解決できると私たちに思わせ、惑わせ、神と人との関係、人間同士の関係を壊し、憎しみをもたらすのです。「ウソも方便、バレなければいい」「今さえよければ、自分さえ良ければいい」という大人たちを見て生きる幼子たちが今、危ない! 守らなければなりません。ウソに惑わされず、サタンの矢から守る方法は、ただ一つ、主の真実に触れることです。主の真実は聖書の中にあります。つまり、聖書のみ言葉と物語を子供に繰り返し語り、主のみ言葉に従い、委ねて具体的に育て見守ることです。これはこの世界にあって不断の努力と信仰が必要です。主のみ言葉にしたがって、一歩を選び取る人を、主はモーセを守り、イスラエルの民を守られたように、御手によって導き、守ってくださいます。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言