横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言(2108年5月20日)

   

聖書『ヨハネによる福音書3:5〜8』
イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」

吹く風に乗って、歩み出せ
本日はペンテコステ(聖霊降臨日)の礼拝です。わたしたちの主なる神には、父・子(キリスト)・聖霊の三つのペルソナ(神の位格)があります。この三つの位格は一体です。このキリストなるお方は、人(イエス)となってくださり、罪なき完全な地上の歩みを歩まれ、十字架にかかり三日目に復活されたのです。さらにこの復活の主イエスは、40 日間にわたって、ご自分が生きておられることを数多くの証拠をもって使徒たちに示し、聖霊降臨の約束をされて後に、天に上げられました。その約束通り、復活から 50 日目のペンテコステの祭りの日に、約束された聖霊が弟子たち一人一人の上に降り、初代キリスト教会が誕生しました。
そして、2000 年後を生きる現代のわたしたち、主イエスを救い主と信じる一人一人に、イエス様はこの聖霊によってふれてくださるのです。そして、この聖霊こそが主イエスの霊であり、イエス様御自身です。今も、信じ祈り求める者に、イエス様が聖霊を与え、ふれてくださるのです。イエス様に触れられ、聖霊を受けるとわたしたちを新しくされます。どんなに弱り果て、惨めな姿でも、なんら新しい道が開くように思えない時も、天から吹く聖霊の風に乗って、歩み出せば、わたしたちは神の国(神のご支配)を体験します。
先週は新潟で小学生女児が、どこにでもいそうな若者に殺害されるという恐ろしい事件が起こりました。また、世界中に人間の自己中心、憎しみ、嫉妬、高慢、嘘が満ちています。世に巣食う暗闇の力にどやって立ち向かえばいいのか人間の知恵、力の限界を感じます。だからこそ、わたしたちは天から吹いてくる聖霊の力を求め、キリストにより頼み、今、聖霊が吹いたと感じたならば、躊躇しないでその風に乗って歩み出すべきです。聖霊と共に父なる神、御子イエス・キリストが共におられるのです。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言