横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言2017年12月17日

   

聖書 マタイによる福音書 1章18~25節
夫ヨセフは正しい人だったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れずに妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によってやどったのである。」

恐れずに信じなさい
アドベント第三週主日を迎え、3本目の「喜び」のロウソクに火を灯します。いよいよ来週はクリスマス主日礼拝です。また、本日は午後2時から子どもクリスマス会が行われます。幼子から大人まで一人でも多くの方がクリスマスの本当の喜びの意味を知り、2017年のクリスマスに主イエス・キリストの救いに与られるようにお祈りいたしましょう。また、次週のクリスマス主日礼拝において望月成美姉の信仰告白バプテスマ式も執り行われます。バプテスマ式の祝福のためにお祈りくださり、救い主イエス・キリストの誕生の喜びと、主イエスの十字架と復活の命に与り、神の子とされる新生の喜びの二重の喜びに共に与りましょう。
今年の流行語大賞に「忖度」(そんたく)という言葉が選ばれました。意味は「他人の気持ちを推し量ること」。わたしたちは罪の性質を持っているので無意識の領域で「忖度」を働かせ、神の義や神の御心、また家族や友人、他者への愛よりも、自分の義や自分の利益、心地よさを求めてしまいます。イエスの父ヨセフも様々な恐れや不安から最善の策と忖度し、妻マリアと縁を切ろうとしました。しかし、ヨセフに御使いは「恐れずに、マリアを迎え入れなさい」と告げます。つまり、聖霊によってイエス・キリストをマリアの胎に与えた神を信じることを求めたのです。神を信じ、神の言葉に信じ従うことからスタートしていますか? 自分の主義主張や他者の言葉からスタートしていませんか?
「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
 主は、あなたの義を光のように、あなたのための裁きを真昼のように輝かされる。
 主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。」 詩編37:5〜7(新改訳)
主はイエス・キリストをクリスマスにわたしたちのところに送り、十字架においてわたしたちの罪をゆるし、救いを成し遂げてくださいました。すべてを主にゆだね、主に信頼し、クリスマスの喜びに与りましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言