横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報の巻頭言(2017年7月16日)

   

聖書『創世記9章12~13節』
更に神は言われた。
「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、世々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。すなわち、わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。」

あなたは約束の虹を見ましたか?
「虹」は雨上がりに一定の気象条件が重なると生まれ、誰でも空を仰げば、そこに虹を見ることができます。
ある時、主なる神様は地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを天からごらんになってご自身の創造の業を後悔し、心を痛め、洪水を持ってすべてを滅ぼすことをお決めになります。しかし、その世代の中に、主はご自身に従う無垢な人ノアとその家族を見出されます。そして、主はこのノアとその家族に箱船を造らせ、苦難を忍耐によって乗り越え、新しい創造の働き手となるように導かれるのです。
洪水の後、新しい大地に降り立ったノア一家と主は契約を結ばれ、ノアとその家族の主に対する真実の故に、これから先どのような人間の悪や罪が満ちたとしても二度と洪水によって滅ぼすことはないと宣言されます。無条件で主は愛と恵みの約束をノアと結ばれたのです。今日の世界も人間の自己中心や悪が世に満ちているように思えてなりません。しかし、ノアと主が結ばれた約束を、わたしたちはイエス・キリストを通して受け継ぎ、主から与えられる赦しと愛、そして新しい創造の希望を日々いただくことができるのです。主イエスはわたしたちと共におられ、十字架によって世の悪に打ち勝ち、苦難を共に担い、その血潮によって罪を洗いきよめてくださいます。
無垢な信仰でノアが主の言葉に従ったように、わたしたちもこの時代の中にあって主イエス・キリストの御名を呼び求め、主を愛し、信頼し日々を歩むなら、いかなる自然災害や人間の罪の嵐の後にも、約束の虹を主なる神様は見させてくださるのです。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言