横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報巻頭言(2017年1月8日)

   

聖書『ルカによる福音書7 章37〜38 節』
この町に一人の罪深い女がいた。イエスがファリサイ派の人の家に入って食事の席に着いておられるのを知り、香油の入った石膏の壷を持って来て、後ろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛でぬぐい、イエスの足に接吻して香油をぬった。

 2017 年YTBC が目指すこと② 〜 ジーザス・ファースト 〜
教会はキリストの体です。そして、わたしたちはその体の各部分、各器官であり、頭はイエス・キリストご自身です。牧師でも、信徒でもありません。牧師中心の教会でも、信徒中心の教会でもなく、わたしたちはジーザス・ファースト(イエス・キリスト中心)の教会を求めて行きましょう。今日の世界は、人間中心、自己中心が満ちています。人間、個々人が楽しく、安全快適で、居心地よくあることや、労苦に見合う利益や賞賛を求めています。それが今日の世界の様々な課題や問題解決の弊害になっています。ですが、キリストの教会は自分の楽しみさや居心地の良さや利益や賞賛ではなく、イエス・キリストが尊ばれることを、イエス様が求めておられることを喜びとし、一つでも二つでもキリストの思いがなされることを求めて歩みましょう。 キリストの思いとは、心と思いと精神を尽くして神を愛し、自分を愛するように隣人を愛することです。わたしたちの神様への愛、隣人への愛は、凸凹で的外れな場合が多いですから、イエス様のように完全な愛をなすことは当然出来ません。しかし、一人の罪深い女が、キリストの愛に応えて、ひざまずいて精一杯自分のできる神への愛と隣人への愛を表した時、彼女はキリストの平和に満たされ、人生の方向は確かに神の国の祝福へと方向づけられたのです。
1 月2 日(月)深夜に敬愛する安部泰弘兄が召天されました。83 年の地上の生涯の最後に泰弘兄はイエス・キリストを心に受け入れ、ジーザス・ファーストの生涯を歩まれ、主イエスと共に天の御国に召天凱旋されました。すべてを導いてくださった主と、泰弘兄に感謝します。「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。」(ルカ7:50)と言われる主イエスを信頼し、主イエスに委ねて、2017年の歩みを進めてまいりましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言