横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報巻頭言 (2016年8月21日)

      2016/08/22

聖書「詩編37編4〜6節」
主に自らをゆだねよ
主はあなたの心願いをかなえてくださる。
あなたの道を主にまかせよ。信頼せよ、主は計らい
あなたの正しさを光のように
あなたのための裁きを
真昼の光のように輝かせてくださる。

主にゆだねて生きよう
本日の主日礼拝は、牧師が夏季休暇中のため安部美都代執事が信徒奨励のご奉仕をしてくださいます。教会につどい、主なる神様に礼拝をささげるお一人お一人の心に、聖霊によって主の御言葉が生きて働いてくださるように心から願いつつ、お祈りいたします。また、奨励のご奉仕をしてくださる安部執事の尊いお働きに心から感謝をいたします。
巻頭の聖書のみ言葉は、わたしたちのなすことすべてを主にゆだねるように命じています。「ゆだねる」という言葉はよく聞く言葉です。しかし、これを説明しようとすると、抽象的になってしまい、なかなか適当な言葉がみつからないのではないでしょうか。ヘブライ語で「ゆだねる」という言葉は、大きな重い石を転がすことをさす言葉だそうです。「主に自らをゆだねよ」とありますから、自分の人生で担って行かなくてはならない重い石を自分の力で転がすのではなく、「主と共に」「主に助けられて」転がす人生を歩んで行きましょう。
イエス・キリストは父なる神にすべてをゆだねて、十字架でわたしたちの重荷を担ってくださり、救ってくださいました。それだけでなく、大きな岩で塞がれた墓からよみがえり、輝かしい復活の命の道をあたえてくださったのです。どのような重荷も、苦しみも、主イエス様に祈りの内に打ち明け、十字架と復活の主に信頼して歩むならば、あなたの人生にキリストの復活の光が射し、輝き出すのです。義の太陽、希望の光なるイエス・キリストと共にある日々を求めていまいりましょう。わたしたちの重荷を担い、共に歩んでくださるイエス様をもっと深く、もっと親しく知ることができるように。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言