横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報巻頭言 (2016年7月24日)

   

聖書『マタイによる福音書18章12〜13節』
あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。
はっきり言っておくが、もし、それを見つけたなら、迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう。

神の国の民として生きる⑨ 〜迷い出た羊を捜し求める神〜
7月後半に入り、子どもたち、学生は夏休みが始まりました。教会では一足先に先週の日曜日から月曜日に16名が参加して丹沢で教会学校サマーキャンプを行いました。一泊二日の短い時間でしたが、携帯電話の電波もとどかない大自然の中で、天地の造り主なる神様を礼拝し、み言葉を分かち合い、神様がくださった大自然の恵みを思う存分楽しみました。主に感謝します!
さて、皆さんも夏の様々なスケジュールが予定されていると思います。忙しく、ストレスに満ちた現代ですから、十分に休息をとり、リフレッシュしていただきたいと願います。ただ、真の安息は救い主イエス・キリストから与えられます。趣味やレジャーを楽しむ時間、家族や友人と過ごす時間どれも大切です。しかし、主イエス様と過ごす時間も、今からスケジュールの中に取り分けて見ましょう。主イエス様と親しく交わり、語り合うことを通して、わたしたちは魂に聖霊の力を受け、新しくされるのです。すばらしい夏休み、サマージーズンがお一人お一人に与えられるようにお祈りいたします。
今、礼拝メッセージは「神の国の民として生きる」というテーマで毎週聖書のみ言葉に聞いていますが、それは「神の愛の中に生きること」と言い換えられると思います。わたしが道に迷い、何ひとつうまく行かず、孤独や孤立状態になったとしても、主は見捨てることも、見限ることもありません。真の牧者である主イエスはわたしの名前を呼び、見つかるまで捜し求めて、救い出してくださるのです。主イエスの御手に、導かれ、抱きしめられ、養われる人生を生きてまいりましょう。そして、わたしたちもまた、多くの孤独と迷いの中にあるお一人お一人の名前を呼び求め、主イエスの愛の中に導くために出かけてまいりましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言