横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報巻頭言(2016年3月20日)受難週主日礼拝

   

聖書「ローマの信徒への手紙8章35〜37節」
だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。「わたしたちは、あなたのために一日中死にさらされ、屠られる羊のように見られている」と書いてあるとおりです。しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。

十字架による輝かしい勝利
本日は、受難週主日礼拝です。主イエス・キリストが十字架にかかり、わたしたちの罪の贖いを成し遂げてくださった尊い十字架の御救いの完成を覚え祈る一年で最も恵みにあふれる一週間です。今日からの一週間を祈りと聖書のみ言葉の中で、十字架の主を見上げつつ過ごしましょう。特に、25日(金)は受難日です。夜7時30分より受難日礼拝が教会礼拝堂でささげられます。どなたでもご参加いただけますので、平日の夜ですがお気軽にご参加くださり、共に十字架の恵みに満たされつつ、主を礼拝いたしましょう。
また、本日の午後は教会の2016年度予算総会が開催されます。新しい年度の教会の歩みが豊かに導かれるように共に祈りつつ、教会の主であるイエス様にお仕えする思いを新たにいたしてまいりましょう。そして、次週27日日曜日は朝10時30分〜イースター(復活祭)主日礼拝、午後はイースター祝会(昼食の交わり、小羊コンサート)です。ご一緒に、心から主のご復活をお祝いしましょう。受難週、イースターの礼拝を主におささげし、2016年度も主イエス様の十字架と復活の救いの恵みと神の愛と聖霊の力に満たされて歩んで参りましょう。
使徒パウロは、「わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。」と言います。主の十字架を見上げ祈るとき、主イエスの十字架の御傷から神の愛がわたしたちに溢れ流れ、すべての苦しみ、暗闇から解放し、人を生かし、起き上がらせる、復活の命を主から与えられます。人の力、お金の力、武力の力よってではなく、主イエスの十字架による輝かし勝利をのぞみ、受難週を過ごし、イースターを迎えてまいりましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言