横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報巻頭言(2016年1月3日)空の壷を満たす主

      2016/01/03

わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。
(コリントの信徒への手紙二 4 章18 節)
主がエリヤに告げられた御言葉のとおり、壷の粉は尽きることなく、瓶の油もなくならなかった。
(列王記上17 章16 節)

空の壷を満たす主
主の年2016 年を迎えました。主イエス・キリストの御名によって新年のお祝いを申し上げます。
巻頭のみ言葉で使徒パウロは「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます」と言っています。現在の「艱難」は今、見えていますが、パウロはむしろ、今は見えていない「永遠に存続し、日々わたしを新しくする主の栄光」に目を注ぐのです。
「目を注ぐ」と訳されている言葉は、〈じっと見る〉〈目を留める〉という意味の言葉です。この世の富や地位や名誉に目を向け、心を奪われて、“あれもこれも”と欲望に支配されてしまうのではなく、あるいは日常の様々な艱難がいつまでも続くかのように思って、囚われ、振り回されるのでもなく、「ただ、じっと主を見つめる」ように奨めているのです。
目に見えるものはもちろん生きていく上で必要ですが、わたしたちは目に見えるものにあまりにも心が向いているので、もっと大切なものが見えなくなってしまっているのです。
新しい年のはじめに立ち、礼拝と祈りを通して、あるがまで、ただじっと主を見つめ、主なる神様がわたしの人生に与えてくださる永遠に存続し、日々わたしを新しくしてくださる主イエス・キリストの愛といのちを受けることだけを願い求めていきましょう。
主はわたしたちの必要をすべてご存知です。だから、聖書の言葉に信頼して、新しい年のすべてを主に委ね、主イエス様の愛と永遠のいのちをわたしたちの人生の器一杯に満たしていただきましょう。
2016 年のお一人お一人の礼拝生活、教会生活の歩みの上に「世の終わりまで、あなたがたと共にいる」と約束してくださる主イエス・キリストの伴いと祝福を心よりお祈りいたします。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言