横浜戸塚バプテスト教会

Japan Baptist Convention Yokohama Totsuka Baptist Church

*

週報巻頭言(2015年12月27日)主の恵みを数える

      2015/12/30

わたしの魂よ、主をたたえよ。
わたしの内にあるものはこぞって聖なる御名をたたえよ。
わたしの魂よ、主をたたえよ。
主の御計らいを何ひとつ忘れてはならない。
詩編103 編1〜2 節
                                     主の恵みを数える
今年も残すところ5 日となりました。皆さんにとって2015 年はどのような一年だったでしょうか。今年の世相を表す漢字に「安」が選ばれました。9 月の安全保障関連法案成立と太平洋戦争終結70 年、また、パリをはじめ世界各地でのテロや災害が頻発し、日本社会に不安が広がったことが理由としてあげられています。明るいニュースよりも、暗いニュースを思い返してしまうかもしれません。しかし、横浜戸塚教会においては今年4 月イースター礼拝でY・A兄が信仰告白バプテスマを受浸され、新生のいのちに与られたことは一番の主からの恵みであり、喜びと感謝の出来事でした。また、今二人の方がバプテスマを決心され準備を始めています。主の導きをお祈りください。どんなに闇や人間の罪が支配しているように思えても、主イエス・キリストは生きておられ、闇と罪の力に勝利され、その大いなる御手の力によって救いのご計画を今日も明日も押し進めてくださっているのです。
ダビデ王はいかなる時も「わたしの魂よ、主をたたえよ」と祈りました。今年一年を振り返れば喜ばしいこと、感謝の出来事よりも、神様を疑うような苦難や、いまだ解決を見ていない様々な課題や問題で心がいっぱいかもしれません。しかし、ダビデはそのような自分の魂に向かって、主の御計らい(主がしてくださった救いの御業)を心に留めて、主をたたえよと命じるのです。わたしたちがそのように歩むならば、主はわしたちのすべての罪を赦し、病を癒し、愛で人生を満たし、新しいいのちを日々、与えてくださいます。主の恵みを数えながら、この一年を導いてくださった主に感謝しつつ、今年最後の主日礼拝を主なる神様におささげしましょう。
牧師 堀野浩嗣

 - 巻頭言